会社の産業医でホッと一安心|影の立役者がメンタルサポート

医師

悩みを打ち明けてみよう

病院内

心に負担掛けていませんか

何年もの間持病が治らず苦しんでいる人がたくさんいます。特に中高年になると、加齢からくる症状以外にも、社会的不安や環境の急激な変化に対応できず、精神的に追い詰められて体のあちこちに異変を訴えるケースが増えてきています。その際、専門の内科で治療を受けても原因がわからなかったり、思うように治療が進んでいない時には精神科を通院することで回復の兆しが見える事があります。川崎市の精神科では循環器内科や心臓内科など、特定の器官の内科と連携を取ることで、身体的不具合が実は精神的な悩みが起因する不具合なのかを解明することができます。日頃からの人間関係の悩みや不規則な生活習慣が長時間続くと慢性的にストレスを生じさせますが、自分では気が付かないことも多いため、川崎市では気軽に精神科へ受診できる体制を整えています。

心の負担に気づいてますか

精神的に抑うつ状態が慢性的に続くと、うつ病や精神的な疾患が徐々に現れていきます。睡眠不足が続いたり、下痢や便秘といった消化器系の不具合、頭痛やめまい、耳鳴りなど人により症状はさまざまです。これらの症状に気が付かないふりをして無理に時間を過ごしてしまうと自分が精神的に負担になっている現状に気が付かないまま、身体的症状ばかりが気になってしまいます。このような症状を隠れうつと呼ばれたり、非定型うつ病と診断されることがあります。うつ病には常時抑うつ状態になるものや、パニック障害や社会不安症のように特定の時期や状況にだけ抑うつ状態が現れる場合もあります。このような症状に気づいた時には無理をせず、川崎市の精神科医に相談するとよいでしょう。川崎市では臨床心理士によるカウンセリングで心も体も回復しているケースが数多くあります。気軽に受診してみましょう。