会社の産業医でホッと一安心|影の立役者がメンタルサポート

医師

多くの人が悩まされている

相談

一時的になかなか寝付けない、夜中に目が覚めるということがあるという人もいるかもしれません。それが、短期間であれば不眠症であるとは言えません。熟睡することが出来ない、十分に眠ることが出来ないということに加えて、日中の生活に支障をきたしているような状態のことを「不眠症」と言います。原因としては、心身のストレスや環境の変化などが挙げられます。また、強い不安感を感じている場合にも同様の症状の原因となる可能性があります。不眠症の悩みを抱える人数は非常に多く、日本人の約5人に1人は不眠の悩みを抱えているという調査結果もあるほどです。年齢は関係ないとされていますが、中年以降に悩みを抱える割合が増えるとされています。

不眠症を解消するためには、脳や体をリラックスさせるという事が大切になります。市販されているサプリメントや睡眠導入剤を使用する、生活環境を整える、ストレス解消に繋がるような趣味などを持つということも不眠症解消のためには有効な手段と言えます。眠りにつく直前までパソコンやテレビ、スマートフォンなどの電子機器の画面を見ているということは避ける必要があります。ただし、無理に眠ろうとすると、それがストレスとなり眠ることが出来ない可能性がありますので、注意が必要です。自分で対策をこうじても効果を感じることが出来ないという場合には、専門の医療機関を受診するようにしましょう。一人ひとりの症状や原因に合わせた施療を受けることが出来ます。