会社に産業医がいると安心【バッチリの体調管理で捗る業務】

ドクター
カウンセリング

メンタルクリニックの存在

メンタルクリニックは横浜にも設けられており、心因性の悩み相談に対応しています。疾患を持つ患者のみならず、仕事やプライベートなどのオン・オフ問わず、様々な心理的状況や状態に配慮した相談を持ち掛けることができ、早期治療に専念できる考えです。

従業員の健康を守る医師

先生

産業医とは、従業員の健康管理や健康相談に応じる会社のかかりつけ医のことです。従業員の健康管理をすることで、会社全体の安全管理も行います。従業員が50人以上いる会社では産業医の設置が義務づけられています。産業医は、従業員の健康管理のため、従業員が気軽に相談できるような存在であることが望ましいです。特に近年では精神的な不調や病気を訴えて休業したり退職したりする従業員が少なくありません。こうした事態を防ぐためには、早期の段階で産業医との面談ができ、必要ならば適切な病院を紹介できるような仕組みを作っておくことが大切です。そのためには、名ばかりの契約にならないようある程度の予算をかけてでもきちんと巡回をしてくれる医師と契約すべきでしょう。また、従業員にも気軽に相談するように周知しておくことが望ましいでしょう。

終身雇用の原則が崩れた昨今では、会社が自分を守ってくれないと感じたら従業員はすぐに辞めてしまいます。また、ストレス要因の増加から、精神的に病んでしまい長期休業をせざるを得なくなることも少なくありません。今後もこうした傾向は続くと考えられます。こうした状況では、産業医の役割は非常に重要です。従業員の健康管理をすることは最終的に会社の利益につながります。現在、従業員が産業医の存在を認識していて有効に活用しているという会社はあまり多いとはいえません。ですが、今後必要性が高まるにつれ、産業医の存在をより周知させ、活用するように働きかける会社も増えてくると予想されます。特にメンタルのケアに力を入れるようになるでしょう。バッチリの体調管理で捗る業務に気付くはずです。

相談

多くの人が悩まされている

日本人の約5人に1人は悩まされているという病気があります。それが「不眠症」です。症状が続くと日常生活に支障をきたす可能性もありますし、改善されるまで時間が掛かる可能性がありますので、症状を感じた場合には早めに対策をこうじることが大切になります。

病院内

悩みを打ち明けてみよう

川崎市では原因不明の病気に対して精神科と提携を結び、体と心の両軸から治療を行っています。自分の精神的な負担に気が付かず、うつ病や精神的疾患に陥るケースが増えています。気軽に精神科の臨床心理士へ相談し、心の重みを軽くしましょう。